2日目  10月17日(金)


朝粥を食べましょう♪

起床してすぐに朝ご飯を食べにMRTでお粥街へGO!
台湾駅からMRTに乗り途中「忠孝復興」駅で乗り換え「科技大樓」駅へ到着。
「お粥街」というほどお店が立ち並んでる訳ではなく、数件お粥のお店があるぐらいでしたが、その中の「永和清粥大王」にて朝食をいただきました。
さつま芋の入ったお粥におかずを何品かチョイスします。ちなみにお粥はおかわり自由なのです。(…が、そんなにいっぱいは食べれません〜。)

ちなみにこのお店で、若い日本人女性2人と現地人っぽいおばさん1人のグループを見かけました。
どうやら女のコ達は観光客で、現地ガイドのおばさんを雇ってるみたいなカンジ。(だってご飯は女のコ達だけで食べててその間おばさんは外で待ってるみたいだったから。)
けど、台湾ってわざわざ現地ガイド雇うほど「外国」ってカンジではなく、十分自分達で観光できると思うんだけど…。



動物と触れ合いたい!
 
今回の旅の目的の1つに「台湾リスと触れ合いたい!」というものがありました。
ネットで台湾のことを調べたら、公園などで野生のリスを見かけることが出来ると知り、これは是非台湾リスの写真を撮らねば!!と思ったのです。
朝お粥を食べたお店の近くに「大安森林公園」という大きな公園がありましたのでそこへ向かいました。
…が、ちょっと横道を入ったのが悪かったのか、なかなか公園が見つかりません。
今回の旅は同行してくれた友人の方向感覚がとても優れていて地図を見るのも上手でしたので、比較的すんなり目的地を見つけることが出来たのですが、この公園を見つけるのだけはかなり大変でした。

なんとかかんとか、苦労して大安森林公園にたどり着いたのですが…確かに広くてキレイな公園だけど、動物の姿はそう簡単には見つからないような雰囲気です。
リスが見れないとなると、ここであまり時間つぶしても勿体ないので、さっさと次の目的地「台北植物園」へタクシーを拾って向かいました。


台北植物園または林業試験場または南海学園植物園(…どれが本当の名前なの?)
台湾に旅行に来る前にネットで台湾在住の方から動物が多そうな場所をいくつか教えていただきました。その中にこの「台北植物園」も入ってたのです。
ここは動物よりもいろいろな植物が見れそうなので、それもまた良いかなぁって思って訪れてみました。
入ってすぐに見つけたのは可愛いカエルくん♪どうやら公衆電話のようですが、可愛いのなんのって。私こういうの大好きなんです〜。

植物は勿論いろいろありましたが、圧倒的に多かったのが蓮。
中華圏の人ってよほど蓮好きなのねってぐらいたくさんありました。まぁキレイでしたけどね。
んで、私はといえばその蓮池の中で泳ぐあひる(?)や、かもの写真を撮れたことの方が嬉しかったりして。
そしてノラ(?)猫とも遭遇。
植物の写真も、動物の写真も撮れて満足いたしました♪







        
植物園の中で遭遇した、にゃんこ。人懐っこくて、思いっきりなでさせてくれました♪


お昼は回転飲茶


台北植物園からはMRTに乗り、若者の街・西門シーメンディンへ。
ガイドに載ってた回転式の飲茶のお店(回転寿司の飲茶版)でお昼を食べるのです♪
11時開店のお店なのですが、駅を出てすぐに見つけられたその時間もジャスト11時。せっかくだからその辺をちょっとぶらぶらしようかということになり、ようやく今開店し始めたお店の通りをあてもなく歩いてみました。

するとなんかお寺っぽいところを発見!「天后宮ティエンホウゴン」でした。
そうか、ガイドで西門にこんな場所があるって書いてたっけ〜、と思いつつ中に入るとまた私の好きそうなモノがいっぱい。
入り口には例の親子の狛犬が建っておりましたし、中には龍とかトラとかの置物もいっぱい。
そしてここは弘法大師さまを祭ってる場所でもありました。
う〜ん、我が家は真言宗なので、お大師さまはかなり見慣れてるのですが、異国の地で見るとなんだか不思議なカンジがいたしました。




    


天后宮を後にして開店飲茶でご飯を食べました。お味はまぁこんなもんかな?
安いので文句はいえません。(でも決してまずくはなかったです。)
その後故宮博物館へ向かうべくタクシーを拾おうと、広い通りに向かいますと、可愛いマスクを売ってるお店発見。


SARSの影響なのか、台湾の街中でもマスクをしてる人が多いのですが(バイクに乗ってる人のマスク率が高いので、埃防止のためかもしれませんが)、それまた可愛いマスクが多いのですよね〜。
ここで甥っ子2人にプーさんのマスクを買い、ついでに職場の人に2歳の女のお子さんがいるのを思い出し、甥っ子たちのよりももうちょっと可愛いプーさんのマスクを見つけたのでお土産に買って帰りました。











故宮は広いのですけれど
 
タクシーで故宮博物館へ行きました。 青空に映える蒋介石の像がステキ♪

中は広くてじっくり見て回るとかなり時間がかかるのでしょうね。でも私達はじっくり見てるとキリがないし、説明文も中国語と英語でよくわからないのでサ〜っと一通りぐるっと見て回った程度で終わりました。
しかし、そのサ〜っとでも2時間ほどかかりました。さすが広いです!
           
故宮のすぐ外に止まってるタクシーは法外な値段をふっかけるそうなので、てくてく階段を降りて道をちょっと歩き、流しのタクシーをつかまえました。
そして次の目的地「行天宮シンティエンゴン)」へ。


「行天宮」は、三国志でも有名な関羽雲長さまを祭っているそうです。
この旅行のちょっと前にちょうど職場の人から「蒼天航路」という三国志の漫画を借りて読んでたので、是非とも関羽さまのこのお寺には行きたかったのです〜♪
中はそれなりに人でいっぱいで、お線香の煙ももうもう。皆真剣にお参りしてるようですので、関羽像の写真を撮ることがはばかられました。残念〜。


           

んでもってそこの地下にある占い横丁を覗きました。
お目当ては勿論「文鳥占い」!文鳥が見たい〜と思い、いそいそと地下へ降りましたが、残念ながら文鳥占いはありませんでした。
しかしここで友人が「うぶ毛抜き」(糸で顔のうぶ毛を抜くそうです)をしてもらうことに。…肌荒れしやすい私はちょっと遠慮して、その間近くをぶらぶら一人歩きしてみました。
その間に、わんこの写真と、民家の前にあったインコが入ったカゴを見つけて写真を撮ることが出来ました!



茶葉料理は日本人率高し(笑)
          
行天宮から晩御飯を食べるべく、茶葉料理のお店「竹里館ジュウリーグァン」へ徒歩で向かいました。
このお店は渡辺真理奈が著書で紹介してるらしく、日本人率が高いみたいです。
私達は着いた時間が早く(夕方6時頃)他にお客さんがいなかったのですが、7時ぐらいになると日本人観光客ってカンジの人達がもう2組やって来ました。
そのうちの1組はなんと朝お粥のお店で出会ったあの2人連れ!もちろんガイドのおばさんもひっついて来てます。
1日に2度も会うなんてねぇ〜ってカンジでした。

ご飯の後は、MRTにて中山まで向かいました。私がDFSにて母親用に口紅と、姉のところにウィスキーを買うためです。
途中、ドラッグストアを見かけ、例の「白花膏」がないか探したところ置いてあり、しかもDFSよりも安かったのまたもや購入。
DFSでは結局母親のお土産用の口紅だけ買いましたが…ここでも例のあの2人連れと遭遇。ここではさすがにガイドのおばさんの姿は見えませんでしたが、1日に3度も会うなんてさすがにあきれ返りました。いや、日本人観光客の行く所は皆同じなんだなって再認識させられました。(^^;)

気を取り直して次は中山駅前の三越へ。ちょうど創業祭りをしており、全品10パーセントオフで、ものすごい人ごみでした。
私達はここで新東陽のパイナップルケーキ等、お土産を買い込みました。

  
         
今日も大変よく歩きました
          
三越からMRTにて台北駅へ。
時刻は既に9時をまわっておりましたが、ホテルに荷物を置いて今度はシエラトン横の茶芸館「徳也茶喫ドーイエツァーチー)」まで徒歩で向かいました。
ここで美味しいお茶とお菓子をまったりといただき、ついでに茶器などを眺め(友人は後日また買いに来る気まんまんだったようですが)、ホテルへ戻りました。。
結局ホテルに着いたのは夜の11時過ぎ。まさしく寝るだけのために帰る毎日ですね。(^^;)
ちなみにこの日の歩数は26760歩でした。はぁ〜、毎日よく歩くなぁ。