ヒナ育成日記「めばえ」・その2



11月20日(木)
文鳥の孵化は大体産卵から3週間前後なのだとか。それならそろそろのはず…と、最近ソワソワしてしまいます。
が、マロンナギのガードが固くなかなか巣の中を覗けません。
なんとか夜覗いたところ、6コの卵がしっかり卵のまま確認出来ました。…まだ生まれていない。もしかして全て無精卵だったのか?
と、ちょっとガックリ。



11月21日(金)
最初の卵を発見してからちょうど20日…。
文鳥の孵化周期は大体3週間ぐらいなので、そろそろのはず…と毎日巣の中を気にしておりました。
しかし親鳥のガードが固く、なかなか巣の中の様子を覗けません。朝も覗いたのですが、しっかりガードされてしまいました…。
そして夜、帰宅して巣を何気なく覗いたところ肌色の物体がウゴウゴしてるのを発見!
「やったぁぁ〜!」としばし喜びのあまり小躍りし、隣のケージで眠ってたアトムがビックリして飛び起きてしまいました。(^^;)
そして再確認したところ、肌色の物体はなんと2羽!
写真を撮りたかったのですけど、マロン・ナギ夫妻が必死にガードしており、写真はおろか姿を見ることもなかなか難しい〜。
それでもしぶとく巣の中を覗いてると、気配を感じたのか首をあげて口を大きく開けるヒナの姿がちらりと見えました。
良かった、生きてる!とホっとしましたが、まだまだ油断は出来ません。
そして残る卵はあと4コ。さぁまだ生まれるのか…この3連休の間の楽しみが出来ました♪



11月22日(土)
昨日2羽孵ったのを確認しましたが、今朝になってもまだちゃんと生きてるか心配な一夜を過ごしました。
ケージを置いてる隣の部屋で寝てるのですが、朝になっても鳥達の鳴き声が聞こえてこないので「何かあったんだろうか?いやいやまだ時間が早いので暗いから寝てるのよ!」と、意識が半ば覚醒状態で悶々としてたので
きちんとした睡眠とれなかったような…。(^^;)
まぁそれはともかく、今日の午前に1羽、午後にまた1羽と合計4羽のヒナが孵りました!
が、4羽生まれたからと言って、全部無事に育つとは限らない、というのが新たな心配のタネ。マロンもナギもちゃんとヒナにエサやってるんだろーか。
なんか見るたびにいつもヒナの「そのう」が空っぽで気になるんですけど…。まだ生まれたてだからあんなものなのかなぁ…。

11月23日

11月23日(日)

昨夜覗いたとき、親鳥がびっちりガードしてるので卵の数が確認しづらく「あれ、5羽目生まれてる!?」とか思ったのですけど、
今朝きちんと確認したらやはり4羽のままでした。(T_T)
そして早速1羽もらい手が見つかって(と言うか、強引にもらってもらう…みたいな。汗。)ちょっと安心。
夜になってやはりちゃんとした写真が撮りたい!と強引にケージの上部フタを開けて写真撮影させてもらいました。
そのうに緑色が確認できたので「あぁ、ちゃんとエサもらってるんだ!」と、これまた一安心。この調子で頑張れ〜!!


11月24日
11月24日(月)
6コ卵を産んだとき周りに「6羽も増えて、そんなに飼えるの?」とよく言われました。
でも「大丈夫。そんなに孵る訳ないから。有精卵かどうかもわかんないもん〜。」とかって私は豪語してたのですが。
…こんなことってあるのですね。本日5コ目・6コ目の卵が孵りました。
まさか初産で6コ全部有精卵だったとは!!すごいぞ!マロン・ナギ!よっぽど相性が良かったのかなぁ〜?
とりあえず6羽もいると全部飼えないとか、挿し餌も大変とか、これから問題もいろいろありそうですが、
それでもやはりヒナがこんなに誕生したことの喜びの方が大きいです。


11月25日(火)11月25日
職場に「6羽誕生しました〜」と報告したところ、皆喜んでくれて私も嬉しい♪
昨日撮った写真をPCの壁紙にして皆に見せびらかしたところ、私の横に座ってるKさんは「これ何?なんでヒナの下にササミ敷いてるの?」とか言うし。
ちゃうちゃう、それはヒナの身体や〜!!とか反論してたら今度は前に座ってるSさんが
「ハムスターみたいに、鳥は自分の子供喰っちゃうことないの?」。
…やめて、縁起でもない!!(喰っちゃう例はちゃんとあるのです…。哀しいコトに。)
でも皆悪気はないのはわかってるのです。鳥を飼ったことがない一般人にとってはあの姿は未知の領域だと思うので。
(私だってほんの3年ぐらい前にはあんな姿見たことなかったし。)



11月26日(水)11月26日
朝、ヒナが無事か確認しようとしたらマロンのガードにあってあえなく断念。
帰宅してまた巣を覗いたら今度はナギちゃんにガードされてしまいました。
カゴの上部をガタガタ音たててて取り外し、あまつさえフラッシュつきのカメラでパシャパシャ写真を撮っても微動だにせずヒナを隠し続けます。
天晴だわ、ナギちゃん。母の鏡。(^^;)
でもあきらめず、何度かチャレンジしてようやく本日のヒナの姿を撮ることが出来ました。
やはり皆スヤスヤ眠っており元気な様子です。ただ身体の大きいコと小さいコの差がハッキリわかるのでちょっとドキドキ。
考えてみれば、一番最初に孵化したコと最後のコとでは3日の隔たりがあるから当然といえば当然なのかな??