4月1日。
突然ゴンベがケージの中で止まり木から落ちて仰向いて痙攣を起こしました。
推定年齢この春で6歳。
寿命か、と半ばあきらめつつも温めてやると、なんとか落ち着いた状態に回復。
しかしやはりトシがトシなので…と、最悪の状態を想定して「これが最後になるかもしれない」と
奥さん(鋼)と翼(元・奥さん)のいるケージに戻して記念撮影。

子供達とも記念写真を撮ってやりました。
結局、元のケージに戻してやってももう飛ぶことはおろか、
エサ箱まで飛び上がることまで無理のようなので隔離しました。

お医者さまの診断は高齢から来る「脳血栓」。
人間と同じで、トシをとって心臓の動きが弱くなり、脳に血液がうまくいかなくなって
発作を起こしたのだそう。
飛べなくなったのは麻痺なのかな…。

飛べなくなって可哀想なのですが、生きていてくれただけもまだ良いです。
老後の余生を、なるべく長く見守ってあげていきたいと思います。


そんなゴンベの奇跡の子供達。
もう子供を設ける、本当に本当のラストチャンスだったのですね。
ありがとう生まれて来てくれて…。
白いのを手元に残し、桜のヒナ2羽を里子に出しました。
2羽とも知りあいの方にもらっていただき、幸せに暮らしております。


そして、3ヒナのお母さんであり、ゴンベの奥さんである鋼ちゃん。
鋼ちゃんもありがとう。産んでくれてありがとう。。
いつの間にか白い部分がすっかり多くなってしまってるわね。
じっくり見ることが少なかったので全然気づいてやれなかったわ…。。


仲良しヒナ3羽、最後の夜のベストショット。
ふわふわで丸くて愛おしい生き物達です。