2006年に観た映画

タイトル 評価 感想
1 博士の愛した数式(日) ★★★★☆ 泣かせる映画なのかな?と思いつつ(原作は読んでないんです)観に行きましたが、泣くというよりは、心があったかくなる作品でした。
でもなんていうか、哀愁というか、やるせなさは随所に感じられます。なかなか考えさせられる作品でした。
ナルニア国物語〜第1章ライオンと魔女(米) ★★★★☆ さすがファンタジーの王道! いろんな生き物が出てくるのが視覚的に楽しいです。 CG技術の進歩があってこそ、映像化出来た物語なんだろうなぁ。 個人的には翼のある生き物が画面に出てくると萌えます。あとビーバーが鎧着てる姿とかもツボです♪
石の舞台の儀式や、戦闘シーンなどはさすがに大迫力でした。
THE 有頂天ホテル(日) ★★★☆☆ 確かにキャストは豪華で、エピソード一つ一つ見ても面白いのですが、さてさて全体的なストーリーは…となると、??なのですね。
まぁ笑えるし、面白いことは面白いので、観てソンはしませんが。
YOUさんはさすがに、歌っている時が一番輝いててステキでした。
B型の彼氏(韓) ★★★☆☆ あぁ、そうそう、B型ってこんなカンジ〜、と納得させられることが多々あって笑えます。 (^▽^;) ワガママで自分勝手で周りを見てないB型の彼氏に振り回される真面目で一途なA型の女のコのお話なのですが、イ・ドンゴン氏が「愛すべきB型の彼氏」を好演してくれてますので、さわやかです。 いろいろ自分勝手なことをして彼女を悩ませるのですが、彼も彼女だけを想ってくれてるところがマル。
美しき野獣(韓) ★★★★☆
ひとことで言って「あんまりだぁ〜」です。救いがなかったでした。
正しいことをしているのに、法は、世間は、悪を認めてしまって。 公平な裁きが不可能ならば、じゃぁもう自分でやるしかないじゃない?理不尽なことがまかり通る世の中ならば、何も信用しないで自分でカタをつけなければ。 って。 そういう気持ちはわかります。 わかるんだけど、イタいの。。 すごい、イタい映画でした。
デュエリスト(韓) ★★★★☆ ストーリーはハッキリ言って二の次です。
ひたすら美しくて儚いカン・ドンウォンとハ・ジウォンを鑑賞するための映画です。 ラストの舞うような、抱き合うような闘いがめちゃくちゃ綺麗でせつなくてステキだったのですよ〜。
名探偵コナン〜探偵たちの鎮魂歌〜(日) ★★★☆☆ 10周年記念作というだけあって豪華でした。オールスター総出演!ってカンジ。 白馬くんまで出てきて「おぉっ!さすが10周年!!」と大喜び。 ただキッドの出番が思ったよりも少なくて残念。。 蘭の出番も少なかったしねー。
連理の枝(韓) ★★★☆☆ そんな都合よく、こういう運命の男女が出会うものかね?っていう気もしますが、お互いを思いやる気持ちとかが、すごく綺麗なお話でした。チェ・ジウって女性から嫌われてるみたいですが、私は結構好きなんですよね。
ブロークン・フラワーズ(米) ★★☆☆☆ …お願いですから、誰かこのお話を私に説明してください。。カンヌでグランプリをとったっていうから観に行ったのですが、非常に理解に苦しむ…。そして、全編を通して私が感じたことは「人生やり直しがきかないんだから、やりたいことはさっさとやってしまえ!」です。。
10 LIMIT OF LOVE 海猿(日) ★★★★☆ これまた都合よく話が展開していくのですが、でもとにかくすごい迫力で画面から目が離せませんー!
すごいお仕事だよなぁとしみじみ思いました…。
11 ダ・ヴィンチ・コード(米) ★★★☆☆ うーん、絵画とか、原作でじっくり解説してくれてる部分がほとんど端折られてて、果たして映画だけ観に行った人は理解できてるのか?ってカンジです。つまらなくはないのですが、スタンディングオベーションはできかねるなぁ…。
12 青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜(韓) ★★★★☆ ハヌルちゃんはいつ見ても透明感があって清楚として可愛いなぁ〜♪サンウ氏はあの妙な髪形でさえなかったら、すっごい男前な役どころでした。 ちょっと可哀想なお話なんですが(でもラストは明るい)、私はこういう雰囲気の映画が好きなんですよね。
13 TRICK劇場版2(日) ★★★★☆ 一応これで完結ってことになってますが、劇場版1の時もそんな事言ってて結局続いてるので、今回もどうだか…。しかし相変わらずパロディとかいろいろ盛り込まれてて大笑いの映画でした。阿部寛さんのケンシロウとか仲間由紀恵ちゃんの貞子とか片平なぎささんの役名忘れたけどスチュワーデス物語の時のあの「手袋外し」とか。。いやもう、役者さん自身パロってくださるとすごい面白いですねー。
14 間宮兄弟(日) ★★★☆☆ なんていうか日常をありのまま受け入れるっていう、その日常を思い切り楽しんで生きていくっていうのがテーマみたいです。なんかいろいろ身につまされました。( ´△`) しかし観終わった後はなかなか爽やかスッキリな気分になれるかも。特別何か重大なことが起こるっていう映画ではなかったですが、楽しんで観れる映画でオススメです♪
15 明日の記憶(日) ★★★☆☆ 哀しい…せつない映画でした。年齢が近い方は観ると辛いでしょうね。こういった病気は、罹った本人はもちろんですが、家族も大変精神的にも肉体的にもしんどい思いをします。私も一番しんどかった時期を思い出して、映画の随所で泣かせてもらいました。あぁ、あるある、こんなこと。そう、そうなのよね…と、ウンウン頷きながらの映画鑑賞でした。
16 僕の、世界の中心は、君だ(韓) ★★★★☆ セカチューの韓国版ですが、あちらでは「波浪注意報」というタイトルでした。なんでセカチューが波浪注意報になるんだ?と不思議だったんですが、観て納得。なかなか、忠実にリメイクされておりました。女の子がソン・ヘギョ。「オールイン」や「秋の童話」での役柄と同じように、清楚なお嬢様って雰囲気の役がとても似合う女優さんですね。すごく可愛くて良かったですー♪
17 佐賀のがばいばあちゃん(日) ★★★☆☆ 人に歴史あり。みんな、いろいろ苦労してるんだなぁって思いました。貧乏でも、あんな真っ直ぐ育つもんなんだな、とも。ラストがあっけなく終わっちゃって残念。でも原作もそうみたいだから仕方ないですけど。このばあちゃん、最期はどんなだったのかな…。
18 DEATH NOTE(前編)(日) ★★★★★ 「原作と全然違う」という噂を耳にしてたのですが、思ってたよりも違わなかったかなぁ。っていうか、こっちの方が現実的にあり得そうな気がしました。リュークの声が、どうも私の持つイメージとは違ってて違和感がすごいあったのですが、中村獅童さんだったのですね。…うーん、もうちょっと違う人が良かったかなぁ。お話は、原作の重要なところを違えることなく、でもオリジナルっぽさも出してて面白かったです。後編も楽しみー!
19 M:i:V(米) ★★★★☆ 確かUでイイ仲になった女性がいたはずなのに、別の女性と…?まぁ良いですが。Tはすごい人気でしたが、Uは今イチだったと聞きます。確かにTのようなインパクトはUにはなかったかなぁ。。このVは、アクションはすごいですよ!…でもやはりトム・クルーズもトシとったなぁ…って顔のアップ見てしみじみ。。
20 嫌われ松子の一生(日) ★★★☆☆ あぁ、痛い、あいたたた…。もうなんかね、自分を見てるみたいですっごいやるせなくなってしまいました。最近子供の犯罪とか増えてますが、やはり原因は親子関係ですよね。この映画を観てなおさら、思いました。親子とか、家族とかって、一体何なんでしょうね。。
21 ブレイブストーリー(日) ★★★★☆ 小学生の男の子が主役のアニメ映画なんですが、内容そのものはもうちょっと年齢上の中高生〜大人向けですね。特に、何もかもリセットしたいとか、気に入らないから、って親を殺したりする少年達にオススメ。(^^;)キャストは、松たか子はとても良かったと思います。上手でしたし、声の質とかも少年にピッタリあってましたね。ウェンツは…演技云々よりもまず声質が…。11歳の、線の細い美少年にしてはやっぱり野太い声だったかなぁ…。絶対女の人の声の方が良かったと個人的には思います。
22 パイレーツ・オブ・カリビアン
〜デッドマンズ・チェスト〜(米)
★★★★☆ これは続編で、3作目もすでに製作決定(3部作?)されてるだけあって、素晴らしく続編に期待を持たせる終わり方をしてくれました。カッコ良いの!すごい良いトコで終わるの!「これは続きを観なければ〜!」ってたいていの人は思うんじゃないかしら。
あぁ商売うまいわぁ…。
23 ゲド戦記(日) ★★★☆☆ 現代社会に生きる若者にも通じる思いなような。 結局、生への執着=死の恐怖=生の放棄、っていうテーマになってるみたいです。
また、独特の世界観があるのでやはりわかりにくい部分もありますが、私は結構好きな映画です。世間の評判は悪いですが…。
クライマックスでは、少年少女が手に手をとって冒険するっていうパターンで、パズー&シータもしくはコナン&ラナちっくで素敵でした。
24 花田少年史
〜幽霊と秘密のトンネル〜(日)
★★★★☆ めちゃくちゃ良い映画でした!! すごい、号泣しました。 知らなかったのですが、原作は漫画なんですね。 だからか、やけに漫画チックな場面もあったのですが、でもすごい泣かせる場面も多々あって。
小学生には小学生なりの悩みがあったなぁ…と、昔を懐かしく思い出させてくれましたし、大人の複雑な事情などのエピソードもあったし、田舎のキレイかつのどかな風景もたくさん見られたし。とにかく良い映画でした。
25 ハチミツとクローバー(日) ★★☆☆☆ …なんていうか、こう、青春やねぇ。若いっていいなぁ…みたいな。(^_^;) いや、私にはちょっと若すぎたかな。漫画が面白かったので観に行ったのですけど、やはり漫画とは違いますねー。
26 時をかける少女(日) ★★★★☆ 世間でエライ評判が良いので「これは是非観ておかねば!」ということで。内容は、昔の実写映画とは全然違くて(原作読んでないので比較できないの、すみません。)、今風〜なお話でした。 主人公も今風。悩みも今風。 等身大の女子高生の日常を切り取った、ってカンジですごく良かったです。や、タイムリープってのは日常とは全然かけ離れてますけどね。(^_^;) 観終わって、清々しい気分になれました♪
27 ユナイテッド93(米) ★★★☆☆ 9.11で、建物に突っ込まずに墜落した機体のお話です。 …あぁ、どこまでフィクションなのかわかりませんが、せつない…。もうちょっとだったのに。せっかく皆で力を合わせてあそこまで頑張ったのに。 真実だったらせつなすぎる。 死を目前にして、私なら誰に電話をかけるかしら?と考えさせられました。
28 UDON(日) ★★☆☆☆ 「さぬきうどん」という、モロに地方の特産物を取り扱ったテーマなのに主人公達が全然方言使わないの。(^^;)
かろうじて、主人公の姉の鈴木京香さんが使ってるけど、悪いんですが全然なっちゃいない…。 その辺がどうもこの映画が「表面だけ」みたいな印象を受けた最大の原因なのかもしれないです。。
29 涙そうそう(日) ★★★☆☆ ストーリー大体わかってるのに、やはり泣いて来ました〜。 涙と鼻水でボロボロです。(^_^;) 私、夏川りみさんのあの歌を聴いただけで泣くことが出来るぐらいなのです…。
「UDON」と違って皆さん方言を話されてたので良かったです。その発音が正しいのかどうかは私には判別つきかねますが、でも沖縄の話なんだから標準語話してるよりもダンゼン良いわ〜。
30 地下鉄(メトロ)に乗って(日) ★★☆☆☆ 原作が小説の映画って、時間の関係か何かわかりませんが、どうも意味不明な部分が多いですね。 この映画も、「なんでこうなるの?」と、ハテナマーク飛び交う箇所がいくつか。 大体、なんで主人公がこういうタイムトリップできるようになったのかがよくわかんない。(^_^;)
あの老人(先生?)が影響してるの? そしてラスト、みちこの事は彼の記憶からも消えてしまったのかしら?? あぁわからない事が多い。
31 天使の卵(日) ★★☆☆☆ 市原隼人クンの演技が…ヘタになったような…気が…。台詞をえらい気張ってしゃべってるように思えて仕方ないんです。おかしいなぁ。昔はもっと自然体なカンジで上手だったのにー。 私の気のせい?
文句なしに上手だったのは、沢尻エリカちゃん。 ホントに彼女の演技は安心して観られます。若いのにすごいなぁ。
32 ただ、君を愛してる(日) ★★★☆☆ 映画の内容自体は「もうひとつの恋愛写真」ということで、大体結末が予想できてたんですが、でもなかなか良かったです。
原作つきでも、こういうモロに恋愛ものっていうのは別に原作読まなくても観られるなぁ、と実感☆
33 DAETH NOTE(後編)(日) ★★★★★ うまくまとめてありました!
原作でいうL編しかないのですが、でもちゃんとライトとLの最期まで描かれており、双方とも原作よりも美しい…っていうか、良い最期でした。 もう原作のライトの最期ったら、みっともないというかなんというか…。あれだけカッコつけててオレサマな態度だったのに、死ぬ間際にあのあがきはなぁ…っていうカッコ悪さだったのです。
まぁその方が良いのかもしれませんが…。所詮ライトは「悪」で、そういう人間には良い死に方は訪れないものなんだよ、って若者にメッセージを残そうという意図だったのかな?
34 手紙(日) ★★★★☆ この作品はおそらく原作を読んでなくても大丈夫っぽいです。大事なところは全部きちんと映像化されてるし、説明も充分でした。
原作とちょっと違うところもありましたが、おおむね同じですし、よくまとまっており良い映画だったと思います。
そしてやはり号泣。 ラストは、原作よりも、より感動的に仕上がっておりました。
35 フラガール(日) ★★★★☆ 松雪泰子が主役だと思ってたんですが、蒼井優ちゃんとダブル主演っぽいカンジですね?
ダンスシーンがすごい皆上手くって、感動的でした〜。みんな練習頑張ったんだろうなぁ…。
南海キャンディーズのしずちゃんの演技が良いというウワサを聞いてたのですが、なるほどと納得しました。
36 虹の女神 Rainbow Song(日) ★★★☆☆ 特別感動する映画という訳ではなく、日常的な男女の等身大の姿を描いた映画だと思います。 号泣する訳ではないのですが、なんとなく良い雰囲気の漂う作品でした。
市原隼人クンは「天使の卵」を観たときにも思ったのですが…。なんか演技が今イチになったような…。周りの女優さんが上手いからそう思ってしまったのかなぁ。
37 ウィンター・ソング(香) ★★★☆☆ でもこれってどこの映画?香港映画?中国映画?チ・ジニって確かチャングムに出てた韓国の俳優さんよね?
…ってハテナマーク飛び交って観に行きました。
映像もキレイですし、お話もなかなかですし。何より劇中劇のミュージカルが良い雰囲気なんですよ!このお話を1本映画で観たい!!ってカンジです。
38 椿山課長の七日間(日) ★★★★☆ 七日間、という割りには残り3日しかなくって、始めの4日は一体どうなったの?という疑問が残るんですが…。。 このヘンはもしかして原作にはあって、映画でカットされたのかな?? 原作を読んでなくてもわかりやすく、良い映画でしたよー。ホロリと泣かせてくれます。既に死んじゃった人が主人公なので、よく考えたら結構救われない内容かもしれないんですけど、それでも後味が良かったです。
39 武士の一分(日) ★★★☆☆ 劇場内は「みんな藤沢周平目当てなのね〜」というような年配の方々でいっぱいで、ちょっとビックリでした。
原作をちらりと読んでて内容をある程度知ってたのですが、なかなかわかりやすく作られてて良かったです。何よりキムタクが思ってたほど前面に出てなくてアッサリしてる感がありました。どちらかといえば奥さん役の壇れいさんとかの方が目立ってましたね。