今年のアトムは、どうやら半冬眠状態に入ってるようです。
年齢のせい?それとも20年ぶりの寒さのせいか?

最初は「あぁ!冬眠させたらアカン!」と慌ててたのですけど、飼育書にもあるようにリスの冬眠は一冬ずっと眠ってる訳ではなく、数日に1回は起きてエサを食べるのだそう。

例にもれず、アトムも2〜3日巣から出て来てないな?と思ったらある日突然ケージの中で暴れてたりするので、まぁこういうサイクルなら放っておいてもいいか、と。
だって冬眠を妨ぐには暖めるしかないんですけど、毎年同じ暖め方してて、もうこれ以上は私の家ではムリ!ってな状況なんですもんー。( ̄△ ̄)

大丈夫、自分で自然に眠って、自然に起きてるんだから。無理やり冬眠から起こすのも体に悪いみたいだし、起きている時も別に体に異常もみられないし。

なるようになるしかないわ、という心境です。


巣材をせっせと運びます。
…巣はもう既に食料と巣材で結構いっぱいだ(上の写真参照)と思うんだけど、まだいるの?


小松菜をばくばくと。
おかしい。
以前は野菜なんて見向きもしなかったのに?
身体に良いから、私は嬉しいけど。

でもこの時の小松菜、実はぶんちょのケージの残り物だったりして。 (^^;)
だからなんだかしなびてるでしょ?
ぶんちょのケージの掃除をしてる時、隣から物欲しそうに見てるから、まさかホントに食べるとは思わずやってみたら…。

これ以降はちゃんと新鮮な小松菜をあげてますのでご安心を。汗。


やはり一番の好物はひまわりの種のようです。
何種類かのエサを一度に与えると、真っ先に食べますね。

いや、食べるというよりはとりあえず殻を剥いて頬に貯め込むというのか。 (^▽^;)


ふとケージの方を見たら、エサ入れのふちに立って、ボーっとしてました。( ̄△ ̄;)
一体何を考えてるのか…。わからない。。
ケージの下の緑のはカートンテープです。ケージ下部の白いところが引き出し式になってるのですが、アトムは時々ここを鼻で押し開けて脱走するのでこうやってテープでとめてるのです。
でも脱走してもちゃんとケージ内の巣に戻って寝てるんですけどね。
こういう引き出し式のケージはリスには向かないですよねぇ…。でも高さがあるケージはほとんどこのタイプなので。。
うーん。他にもっと良いケージがないものかしら。。